主成分はダポキセチンです。ダポキセチンの効果は、早漏の予防となります。
服用するタイプの医薬品であり、飲むだけでセックスの時の早漏を抑えられます。
成分は素早く体に浸透します。セックスを始める60分前に、プリリジーを一度飲むだけでOKです。

普段から早漏に悩まされている男性陣におすすめです。
ダポキセチンの効果ですが、男性機能を減退させて早漏を抑えるわけではありません。
早漏の原因とされる脳の緊張や心の不安を、ダポキセチンが効率よく解きほぐします。
プリリジーのダポキセチンは元々メンタルケアの治療薬としても有名であり、心に平穏を与える事で、早すぎる射精を効率よく抑止させます。

強制的に射精の機能を奪うデメリットや、男性の性欲を落とす効果などはありません。
ダポキセチンが落ち着きホルモンとも呼ばれる、セロトニンの分泌を助け、またセロトニンの取り込みを抑制する事で、男性ユーザーの気持ちをセックス中、永続的に落ち着かせます。

元々普段からあがり症な男性や真面目過ぎる男性に、プリリジーは効果的です。
そういった性格の男性はセロトニンの分泌量が少ない、あるいは消耗が激しいため、セックスの時に困ることがあるため、プリリジーといった早漏の治療薬を飲んでおいた方が安心です。

プリリジーの効果は数時間にわたり、継続します。
セックス数回分に相当する時間内、早期の射精が抑止され、心身ともに安心して夫婦の営みが進められます。
ダポキセチンの効果で、射精に至るまでの時間が2倍から4倍程、引き伸ばされます。

個人差が少々出て来ますが、普段に比べて確実に射精に至るまでの時間を延長させ、またプリリジーを毎回愛用する事で、ダポキセチンと体の相性が更に高まる効果があります。
継続的にプリリジーをセックスで使う事で、その延長の効果が上がっていきます。
飲み始めた当初は、体質によってはあまり延長の効果を感じない事もありますが、愛飲する事で平均以上の早漏抑止効果が得られます。

プリリジーに怖い副作用はある?安全?

医薬品には基本的に副作用というものがあります。
ドラッグストアやコンビニエンスストアでカジュアルに市販されている薬にも実は副作用が必ず存在しています。
頭痛薬には睡魔を誘発する副作用があり、頭痛薬を服用した後は車の運転などをしてはいけません。

プリリジーもまた副作用があります。
副作用の内容は頭痛や意欲の減退、そして下痢などです。
いずれも低リスクであり、現実的に激しい体調不良に見舞われる事はないでしょう。
しかし、プリリジーを飲んだ後は極力、無駄な外出は避けたいところです。
車の運転中やお買い物をしている時に頭痛や下痢に襲われたら、的確な対応が出来ない恐れがあります。

ただし、副作用の発生率はそもそも低く、仮に副作用が生じても時間経過で自然回復していきます。
自宅など、プライベートな空間であればプリリジーは安心して服用可能です。
怖い副作用はありませんので、副作用があるからという理由だけで、早漏治療薬を敬遠している男性は一度、試してみましょう。

プリリジーのダポキセチンはうつ病治療の分野でも、古くから使われてきた成分です。
脳の過度な興奮と緊張を抑制するメリットがありますので、セックスの時に焦ってしまったり、性的な経験が少なく性行為に自信がない方々のコンプレックス改善にも役立ちます。

プリリジーの効果でセックスが続けられる時間が増えれば、コンプレックスが改善でき、恋人や奥さんとの楽しい時間が手に入ります。
女性は男性に比べてスローなセックスを好みます。
ダポキセチンの効果で脳内のバランスを綺麗にキープすれば、意図しないタイミングでの射精が抑制でき、また興奮が良い意味で落ち着くため、冷静に愛情を確認する大人のセックスが楽しめます。