早漏になると男性としての自信を失うので、仕事や恋愛にかなりの悪影響がでてしまいます。
早漏であることにコンプレックスを感じ、セックスができなくなってしまう男性も多いです。
自分に自信を持ちパートナーを満足させるなら、早漏を改善するといいでしょう。

トレーニングでもある程度は早漏を改善することはできますが、トレーニングをしてもあまり効果がでないというならば、思い切って手術をする方法もあります。
手術というとすごく不安に感じる人もいますが、後で後悔しないように手術の前にメリットやデメリットをしっかり確認することがとても重要です。

早漏改善の手術は保険適用外なので、費用も全て自腹になります。
保険適用外の高額な費用を払ってまでもメリットがあるのかを、しっかり考えて手術をおこなうといいでしょう。
手術をおこなえば必ず成功するわけではなく、失敗するリスクもあるのでしっかりリスクを確認することも大事です。

病院でのカウンセリングでは、わからないことがあったら遠慮なく医師に尋ねるといいでしょう。
たまにメリットだけを患者に伝え、デメリットは全く伝えない医師もいますが、そういう病院では手術を受けない方が安心です。

早漏改善の手術方法はいくつかありますが、わりと手軽にできる手術がコラーゲン注射をする手術です。
コラーゲン注射によって亀頭を増大できるので、感度が鈍くなり早漏改善の効果がでます。
病院によってはコラーゲンではなくヒアルロン酸を注射するケースもあるので良く確認してください。

包茎の人は亀頭が皮をかぶって守られているので、どうしてもセックスの時の刺激に耐えられなくなり早漏になる人も多いです。
包茎手術をして亀頭を常に露出させておけば、次第に刺激になれてきて早漏が改善します。
陰茎背部神経遮断術は、ペニスの陰茎背部神経という神経を切断して感度を鈍くさせる手術です。
神経を取り除くので早漏改善にはかなり効果が高いと言われています。

手術のリスクを理解しよう

早漏改善の手術には当然リスクもついてきます。
一度失敗すると取り返しのつかないことになるので、よくリスクも考えてから手術をおこないましょう。
リスクをまったく教えない医師もいますが、そういう医師のいる所では絶対に手術を受けないことが大事です。

できるだけ実績のある医師のいる所で手術をおこなうと、失敗する危険性が少ないです。
ホームページなどを確認して実績をしっかり調べるといいでしょう。
口コミなどを確認する方法もありますが、良い口コミだけをうのみにせずに、悪い口コミもしっかり読んで病院を比較すると失敗しません。

コラーゲン注射で手術をする場合は、ペニスが増大することで早漏改善の効果がでますが、コラーゲンは放っておくと時間と共に体内に吸収されてしまうので、半年くらいで元に戻ってしまいます。
なので半年ごとに注射を受ける必要があり、一回の手術費用も保険適用外で10数万円するのでかなりの負担です。

包茎手術はかなり危険を伴う手術なので注意が必要です。手術が失敗すれば、ペニスに痛みを感じたり跡が残ることもあります。
他にも勃起不全や射精障害が起きることもあるので気をつけてください。
包茎を治してもすぐに早漏が改善するわけではなく、亀頭を鍛えて慣れさせるまでに時間がかかります。
費用も保険適用外なので高額な費用がかかることもデメリットといえるでしょう。

陰茎背部神経遮断術の場合のデメリットは日本では手術ができないことです。
韓国まで行く必要がありますが、そうすると費用もかなり高額になってしまいます。
神経を取り除くので失敗すると後遺症が残ることになりますが、海外なので安全面に問題があることも大きなデメリットといえるでしょう。